「いつもお世話になっております」の英語メールの書き出し

〇〇株式会社
〇〇様

お世話になっております。
〇〇(株)の〇〇です。

日本語メールでの書き出しは、こんな感じにするから・・・

って「お世話になっております。」とか「いつもお世話になっております。」って英語でなんていえばいいんだろう?先輩おしえてください!

英語メールでの「お世話になっております」や「いつもお世話になっております」を言いたいときどうすればいいか解説するよ。

スポンサーリンク

英語メールで「いつもお世話になっております」の書き出し

ビジネス上、日本では「お世話になっております。」は常套句だね。

しかも、メールの送るときに毎回「いつもお世話になっております。」から書き出し始める。

相手も「いつもお世話になっております。」でメールを返信してくるね。

実は英語ではこのような文化はないんだ。

そのため、「いつもお世話になっております。」にぴったりの英語は存在しないんだ。

巷に溢れている英語情報サイトや本の中には、「お世話になっております」の直訳を次のようなフレーズと紹介しているのを見かけるけど・・・

  • ×Thank you in advance.
  • ×Nice to meet you.
  • ×I am grateful to you.
  • ×I appreciate everything you have done.
  • ×I appreciate your cooperation.
  • ×Thank you for your support.
  • ×Thank you for your continuous support.

どれもビジネス英語のメールの導入部分で「お世話になっております。」というニュアンスで使うには不自然極まりなく、おススメできない。

「いつもお世話になっております。」は全く意味のない言葉であるとまでは言えないけれど、そもそも「いつもお世話になっております。」を毎回書くのは、その言葉に意味があるからではなく、それが日本のビジネス上の文化だからであり、相手のことを思ってやっていることだね。

英語の文化では「「いつもお世話になっております。」といったフレーズで相手を思いやる文化はない。そのため、「いつもお世話になっております。」に相応する英語を探す必要もないんだよ。

そのかわり、適切な宛名を選んだり、英語メールの基本マナーに基づいたわかりやすいメールをすることが、ビジネス相手への思いやりになるんだよ。

そうなんですね!では、英語メールの書き出しはどうすればいいんでしょうか?

スポンサーリンク

「お世話になっております」に代わるメール書き出し

結論からいうと、英語メールの書き出しは、要件から入ればOKだよ!

そうなんですか・・・なんだか、「お世話になっております」の代わりになるクッションがないと、なんだか気持ちが悪いのですが・・・

その気持ちはわかるよ。そのうちいきなり本題から入ることに慣れてくるとは思うけど、英語にも挨拶言葉は存在する。

いくつか紹介するから、状況に合わせて使うといいよ。

久々にメールするときの「お世話になっております」

Dear Sarah,

Hi, I hope all is well with you. (お世話になっております。)
本文が続く

他のバリエーションとしては、次のような言い方があるよ。

  • I hope this email finds you well.
  • Hope this email finds you well.
  • I hope everything goes well with you.
  • I hope all is fine.
  • I hope everything is fine.
  • I hope things are going well.

どれも、「すべてが順調であることを願っています」や「このメールでご無事なことがわかることを願っています」といった意味で、つまりは「お世話になっております。」のように使われる英語フレーズだ。

数日ぶりにメールする場合の「お世話になっております」

Dear Sarah,

How are you?
本文が続く

久々というほどでもないけど、少しだけ連絡していない期間が空いて、クッション言葉を入れたい場合だね。

他にはこんな書き出しがあるよ。

  • How are you?
  • Good day.

シンプルだけど、邪魔にならず丁寧でかつフレンドリーな印象になる。

相手から新しく連絡をくれた場合の「お世話になっております」

Dear Sarah,

Thank you for getting in touch.
本文が続く

「ご連絡をいただき、ありがとうございます。」という表現だね。

  • Thank you for getting in touch.(ご連絡をいただき、ありがとうございます。)
  • Thank you for your inquiry.(お問い合わせありがとうございます。)

これらのフレーズは、知っておくと便利だね。

毎日メールのやり取りしている場合の「お世話になっております」

Dear Sarah,

Thank you for your email.
本文が続く

毎日メールを交わしている場合では、何か感謝することがあれば、「Thanks for ~」や「Thank you for ~」から始めるといいよ。

その他「お世話になっております」の代わりになる書き出し

  • Thank you for taking your time on the phone call.
    (お電話でのご対応ありがとうございました。)
  • I appreciate your time for our meeting.
    (会議にご出席いただき、ありがとうございました。)
  • Thank you for your visit the other day.
    (先日はご訪問いただき、ありがとうございました。)

「the other day(先日)」の部分は、yesterday(昨日)、today(今日)のように訪問してくれた日に合わせて変更しよう。

まとめ

英語メールで「お世話になっております」や「いつもお世話になっております」といった表現はない。英語の世界ではそのような「文化がない」から「お世話になっております」のフレーズがなくても当然失礼には当たらない。

メールの書き出しは、要件から書き始めればOKだ。

でも、クッション言葉を入れたい場合は、次のようなフレーズがある。

久々にメールするとき
  • I hope all is well with you.
  • I hope this email finds you well.
  • Hope this email finds you well.
  • I hope everything goes well with you.
  • I hope all is fine.
  • I hope everything is fine.
  • I hope things are going well.
数日ぶりにメールする場合
  • How are you?
  • Good day.
相手から新しく連絡をくれた場合
  • Thank you for getting in touch.
  • Thank you for your inquiry.
毎日メールのやり取りしている場合
  • Thank you for your email.
電話のお礼
  • Thank you for taking your time on the phone call.
会議出席のお礼
  • I appreciate your time for our meeting.
訪問のお礼
  • Thank you for your visit the other day.

繰り返しになるが、これらのフレーズがあると、より丁寧な印象になるし、フレンドリーさやスマートな印象を与えることにつながる。

しかし、日本語の「お世話になっております」のように、必ず必要なわけではなく、別になくても失礼にはならないよ

スポンサーリンク
あなたにおすすめの記事