可処分時間

社会人になってから、英語が話せたらどれだけ楽だろうかと感じることは多いのではないだろうか。

日本語しかできない場合、その仕事は誰でもできることが多く、とても忙しいブラックな環境に陥るか、低所得ゾーンから抜け出せないようになりがちだ。

英語ができるというだけで、その他の人と一線を画した仕事ができるようになり、同じレベルの人が減る分、競争も楽になる。

では、社会人で英語が話せるようになるにはどうすればいいのだろうか?

その点について重要なことを話したい。

スポンサーリンク

英語が話せるようになるには可処分時間を使いこなす

結論からいうと、社会人で英語が話せるようになるには、可処分時間を使いこなすこと。

特別な話は一切ない。ただ、ここでポイントとなるのは"可処分時間"という考え方。

社会人で意識できている人はとても少ないからこそ、この"可処分時間"という考え方を意識するだけで他と一線を画すことになる。

可処分時間とは自由時間のこと

人はそれぞれ24時間平等に与えられている。

生きていくために誰もが必ず毎日睡眠、食事、排せつを行う。そして社会人として最低限のマナーとして清潔に保つ必要があるため、入浴や歯磨きをする時間が必要になる。

このように、24時間から睡眠といった生きていくために必要な時間を引いた残りの時間のことを可処分時間という。

つまり、自由に使える時間のことだ。

可処分時間を英語のために使いこなすための3ステップ

  1. 可処分時間を意識する
  2. 可処分時間を増やす
  3. 英語学習に可処分時間を投下する

ポイントとしては、いらない習慣を捨てること

それぞれのステップについて、詳しく確認しておこう。

ステップ1 可処分時間を意識しよう

営業などの仕事によっては仕事が終わった後の接待や人付き合いの時間など、仕事関係で消費される時間はとても多い。

普通に仕事をしている人であれば、2時間~3時間ほどの自由にできる時間を確保するのがやっとだろう。

社会人は、この可処分時間が限られているということだ。

そして、この限られた時間を意識できている人は本当に少ない。

だからこそ、この可処分時間を意識することが大切だ。

まずは、自分の睡眠時間、通勤時間、仕事の時間、食事やお風呂の時間を計算してみよう。

そして、24時間から差し引いた残りの自由に使える時間をどれだけ確保できるのか知っておこう

 

ステップ2 いらない習慣を捨てる勇気を持とう

このステップ2が一番重要だ。

社会人の誰もが可処分時間を持っている。

でも、英語学習ができないのには理由がある。

それは、その可処分時間を他のことに使っているからだ。

仕事の影響というのは、仕事の時間だけではない。仕事から受けたストレスがあり、仕事から解放された時間にまで影響する。

多くの場合、仕事のストレスから可処分時間をゲームやYoutube、ショッピングといった娯楽に消費してしまう。

人生を変化させられる人は、必ず可処分時間を自己投資に使用する。

つまり、仕事からストレスを受けようが、しんどかろうが、自分の人生を変えたいのであれば、今やっているただただ消費している習慣を捨てる勇気を持つ必要がある。

可処分時間を確保するためには、今やっている習慣を見直そう。

ポイントとしては、

  • 友達付き合い
  • 飲酒をしていないか
  • ゲームやSNSを見ていないか
  • ネットサーフィンしていないか

これらの時間は、すべて必要のないことが多い。

重要なので、もう一度言おう。

ただただ消費している習慣を捨てる勇気を持とう。

 

ステップ3 集中して自己投資しよう

可処分時間を確保したら、英語学習に集中して時間を投資することが重要だ。

日本人が英語を仕事で使いこなせるようになるまでの時間は、合計3000時間と言われている。

中学高校で1000時間程度の英語学習を行うため、大学生、社会人の段階でさらに2000時間の学習が必要ということである。

ただし、これはあくまでも目安であり、具体的な論文や根拠があるわけではない

一応、Foreign Service Institute (FSI)の調査によると、英語のネイティブスピーカーが日本語を習得するまでに2200時間が必要であると計算している。明らかに日本人が英語学習する方が簡単であるので、合計3000時間もみれば問題はないだろう。

ビジネスで英語を日々使用している実感としては、確かに2000時間を確保すればそれなりになる。(まだまだという気持ちが残っている状態だが仕事で使えるレベルにはなる。)

1年で2000時間を確保しようと思うと、およそ5.5時間/日 or 39時間/週の英語学習が必要になる。

社会人が片手間にやるには難しいが、土日など休みの日を工夫すれば実現可能だ。

しかし、意識的に時間を作るようにしないと達成は困難だろう。

集中して自己投資することが重要ということだ。

 

おまけ1 捨てたものはグレードアップして返ってくる

可処分時間を増やすために、次のようなことを止める必要があると話をした。

  • 友達付き合いをしていないか
  • 飲酒をしていないか
  • ゲームやSNSを見ていないか
  • ネットサーフィンしていないか

これらは、一生戻らないわけではない。

英語ができるメリットとできないデメリットでも話したように、英語を習得すると、情報から人付き合い、収入といったあらゆる面がアップグレードする。

悪習慣を戻す必要はないけれども、

  • 世界の美味しいお酒や料理を知る機会ができたり
  • 世界中に友達とつながる可能性をもてたり
  • 日本では知られていない情報を知ることができたり

英語を使って情報収集するだけでも、文字通り世界が爆発的に広がる。

おまけ2 集中すると楽しくなる

今までの習慣を捨てることは勇気のいることだ。

最初の1,2カ月は大変。苦痛も伴うだろう。

しかし、自主的に自己投資のために集中できるようになると、英語学習が楽しくなる。

そして、3カ月が過ぎてルーティン化すると、英語学習をすることが当たり前になる。

それをすることが楽になる、むしろ楽しくなる。

そうなれば身につかない方が難しくなる。

スポンサーリンク

まとめ

もし英語学習をするための時間を確保できていないのであれば、無駄な時間を全て捨てる勇気を持とう。

一度、自己投資のために可処分時間を使えるようになると、他のことでも「自分ならできる」と自己肯定感が上がり、「次は何を学習しようかな」と他の自己投資をしたいと思えるようになる。

英語の学習は本当にコスパがいい。

  • プラス2000時間で英語のスキルを身につけられる
  • 新しい世界を見せてくれる
  • どんどん好きなことができるようになる

そのためには、可処分所得の使い方を工夫しよう。

スポンサーリンク
あなたにおすすめの記事