英語メールの「お客様」の書き出し。Dear Customerは注意が必要

夏季休業のお知らせとか製品の値上げとか、いろいろメールしないといけないな・・・

得意先全員にお知らせメールをする場合、ビジネス英語メールで「お客様」や「お得意先」の書き出しってどうするんだろう?

では、今回はビジネス英語メールの書き出し「お客様」に関して教えるよ。

スポンサーリンク

英語メールの「お客様」の書き出し

英語メールの「お客様」の書き出しは、次の通りだ。

  • Dear Customer,
  • Dear Valued Customer,

「Dear Valued Customer,」は「お得意様」って感じのニュアンスだね。

休暇の連絡とか、特に大きな不利益になったりしない連絡なら、上のどちらか好きな方の書き出しでOKだ。

担当者が特定できる場合

担当者が特定できる場合は、上で紹介したフレーズではなく、関係者全員を宛先にして、

  • Dear All,
  • Dear 担当者,

で連絡しよう!

「Dear Valued Customer,」よりもより丁寧になるよ。

Dear Valued Customer,の注意点

「Dear Valued Customer,」は確かに「お得意様」という意味で丁寧で上品な言葉だ。実際の実務でもよく目にするフレーズでもある。

でも、実務的なビジネスの現場では、「Dear Valued Customer,」は、時と場合を選ばないといけないこともある。

たとえば、「製品の値上げ」の連絡。これは、相手に不利益になる連絡となるため、慎重に対応しないといけない。

ビジネス英文メールの基本マナーで伝えた通り、そもそも本当に「メールで伝えるべきなのか」考える必要がある。

それに加えて本当に「お得意様」だと思っていたら、「お得意様へ」という意味の「Dear Valued Customer,」で書き出しするのではなく、「Dear+担当者,」という「特定の担当者の名前を書いて通知」するのが世界共通のビジネスマナーというものだ。

スポンサーリンク

まとめ

英語メールの「お客様」の書き出しは、次の通りだ。

  • Dear Customer,
  • Dear Valued Customer,

これらのフレーズはビジネスで相手に不利益を与えない休暇連絡だったり、インボイスの送付だったり、機械的に効率化してよい場面において、とっても有効なフレーズだ。

実務的にも頻繁に目にするフレーズのため、使うこと自体は全く問題なく、おススメだよ。

ただし、

  • 担当者が特定できる
  • クレーム対応の連絡や製品の値上げの連絡といった相手に不利益が出る

といったケースでは、関係者全員を宛先にして

  • Dear All,
  • Dear 担当者,

    といったように「特定の担当者」にメールできるようにしよう。

    それが、取引先への思いやりだね。

    スポンサーリンク
    あなたにおすすめの記事